急に耳が聞こえづらくなった時の話(耳鳴り、こもったような感じがする)

こんにちは。

6月のある夜、急に耳が聞こえづらくなりました。

寝たら治るだろうと思って早めに寝るも、治りませんでした。

悪いのは左耳だけのようです。

朝から、キーンと耳鳴り、そして籠ったような違和感がします。

少し不安になってググってみました。

「突発性難聴」「メニエール病」

何やら恐ろしい病気がヒットしました。

“放置すると悪化する”

とりあえず近くの耳鼻咽喉科を予約しました。

この日の仕事は講習を聞くだけです。

講習中は特に違和感なく普通に聞こえていました。

耳の聞こえづらさに慣れてきたのかなと思いましたが、まだ発症2日目です。

何かに集中しているときは、特に違和感がないことに気づきました。

でも、ほっておくと悪化する可能性があるらしいので、病院には行きました。

 

病院に着きました

検査はすべてで3つでした。

  1. カメラで耳の中をチェック
  2. 聴力検査
  3. 鼓膜の動きの検査(ティンパノグラム)

まず1つ目、小型カメラで耳の中を診てもらいました。

カメラに映った範囲では問題ないそうです。

次に2つ目、聴力検査です。

電話ボックスのようなところへ入らされました。

聴力検査は2種類ありました。

1つはよくあるヘッドフォンをして、音がしたらボタンを押すものです。

もう1つは、耳の裏にある骨に音を流して、音が聞こえたらボタンを押すものです。

結果はすべてが終わってからだそうです。

そして最後3つ目は、鼓膜の動きの検査です。

イヤホンのようなものを耳に入れ、耳の中に圧力をかけられました。

波長が目の前のモニターに表示されましたがよくわかりません。

 

すべての検査が終わりました。

お医者さんから結果を聞きます。

「問題ないよ」「両耳とも平均並みに聴力はあるよ」

え。そんなはずはない。

今も耳鳴りがしているし、少しこもったような感じもする。

とお医者さんに伝えました。

「耳鳴りはだれにでも起こるよ」

「こもったような感じは分からないけど、聴力はあるので治るだろう。」

とのことです。

納得いきません。

最後に

「ストレスによる影響も大きい」

会計です。

治療費は初診含めて3000円くらい。

セカンドオピニオンに行くか悩みながら病院を出ました。

ストレス。

確かに、ストレスはあると思う。

仕事が変わり、人間関係が新しくなりました。

朝方に変えたいと思い、最近は2時間早く起きるようにしました。

睡眠時間は変えていないので寝たりない感じはしませんが、体はストレスを感じていたのかもしれません。

とりあえずは生活スタイルは前に戻すことにしました。

 

翌朝。

少し耳鳴りがましになったような気がします。

やっぱり耳に意識しなければ耳鳴りは感じません。

もしかして、本当にただのストレスだったのでしょうか。

「耳に問題はない」

そう思うと、耳の籠ったような感じもましになったような気がします。

 

発症から10日たった今でも、意識すれば耳鳴りはします。

しかし、意識しなければ感じません。

今まで意識していなかっただけで、前から耳鳴りはあったのかもしれません。

ストレスで過剰に反応していたのだけかもしれません。

 

以上、ストレスで耳鳴りに過剰に敏感になっていたときの話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


雑記
広告
べるっくすの色色

コメント