【スマブラSP】専用部屋の使い方、ルールなどの設定方法

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL スマブラspecial

こんにちは!

今回は専用部屋の使い方を紹介しようと思います。

専用部屋は誰でも作ることができ、オンライン対戦ができます。

フレンドと対戦したい場合はもちろん、CPUではなく人間相手と対戦したい場合などに使います。

専用部屋は世界戦闘力に影響を与えないので、気軽にできるのが良い点です。

スポンサーリンク

「専用部屋の作成方法」

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

専用部屋は「オンライン→大乱闘→専用部屋」から作れます。

自分がリーダー(ルールなどを自由に決められる人)となる場合は「部屋をつくる」を選択します。

部屋の目的

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

部屋の目的には、

  • だれでも歓迎
  • 中・上級者のみ
  • ガチ勝負
  • なんでもあり
  • 自由気ままに

があります。

本気で戦いたいのなら「中・上級者のみ」や「ガチ勝負」を選ぶといいでしょう。

入室制限

フレンドのみと対戦したい場合は「フレンドのみ」を選択します。

誰とでも戦いたいときは「だれでも」を選択します。

乱闘形式

対戦方式を選択できます。

「1 on 1」「大乱闘」「チーム乱闘」など選べ、ストック制なのかタイム制なのかを設定します。

乱闘ルール

自分の設定したルールがある場合、それを選択できます。ステージのギミックをなしにする場合はここから設定します。

(↓ギミックなしステージの設定方法)

【スマブラSP】ステージのギミックなしの設定方法、邪魔がないステージ
ステージのギミックなしの設定方法を紹介します!大会ではギミックなしのポケモンスタジアムがときどき使用されています。自分も使用したいのに「設定方法が分からない!」という方もいると思います。(設定がステージ選択画面にないのが悪い!)ポケスタは終点と戦場を足して2で割ったようなステージで、苦手なファイターが少ないと思います。

詳しいルール

部屋の最大参加人数などを設定できます。じっくり練習したいときは2人に設定することで、観戦時間をなくすことができます。

他には、ステージ選択、スピリッツの有無、ボイスチャットの有無などを設定できます。

パスワード

部屋にパスワードを設定することができます。パスワードを設定すると、パスワードを知らない人は入れなくなります。誰とでも戦いたいときは、パスワードは設定しないでおきましょう。

部屋名

全て設定すると、最後に部屋名を入力します。何も入力しないで確定を押すと、対戦方式が部屋名となります。

「対戦の仕方」

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

部屋を作ると上の画面になります。ここが対戦をするメイン画面です。

メイン画面は大きく3つに分けられ「対戦エリア」「待合室」「観戦席」があります。

対戦エリア

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

その名の通り、対戦を行う場所です。対戦エリア(1)に自分のバッジを持ってくると対戦ができます。すでに他の方が対戦をしている場合は、対戦エリア(2)(対戦待ち)で待つことになります。待っている間でもその試合を観戦することができます。しかし、対戦の途中からの観戦はできません。

待合室

ここでファイター、ステージの選択ができます。他の場所ではできません

選択が終わったら、対戦エリアへ移動しましょう。

観戦室

試合の観戦ができます。対戦はしたくないけど観戦はしたいという方は、こちらにいるといいでしょう。

 

「部屋のリーダーのみができること」

部屋のリーダーのみができることは↓の3つです

  • 部屋のルール設定(部屋作成後は変更不可)
  • メンバーの退場
  • 部屋の解散

ここで注意しなければならないのは部屋の解散です。

部屋の解散は、オーナーが対戦していない時でもできます。つまり、自分以外の方が対戦をしているときでも解散ができます。しかし、それをしてしまうとその時に戦っていた方は強制終了になってしまい、迷惑をかけてしまいます。どうしようもないときは仕方ないですが、極力やめましょう。

部屋を解散する前は、メッセージなどでお知らせすると親切ですよね!

【スマブラSP】対戦相手にメッセージを送ろう!<送り方と設定方法>
皆さんは対戦相手とコミュニケーションを取っていますか?今作では、ショートメッセージを使ってコミュニケーションが取れるように変更されました。その設定方法、またその使い方を紹介していこうと思います。対戦相手とうまくコミュニケーションを取って、楽しくオンラインをしていきましょう!

 

「まとめ」

以上、専用部屋の使い方でした。

専用部屋は部屋の目的を使い分けることで、様々な使い方ができます。私はVIP戦に行く前の手慣らしによく利用しています。

また、専用部屋は自由に音楽を設定できるので、自分好みの音楽を聴きながら対戦を待つこともできます。今作は音楽にかなり力が入っているので、色んな音楽を聴いているだけで時間が過ぎてしまいます。(音楽聞いているときに誰か入ってきたら教えてくれるようにアップデートされてほしいとか思ったり…。)

 

最後までご覧いただきありがとうございました(^_-)!


コメント