【ストレーナー付きコーヒーポット】で水出しコーヒー!作り方と必要なものを紹介

水出しコーヒー べるっくすの色色 コーヒー

5月です。

暑くなってきました☀

冷たい飲み物を飲みたくなるころです。

ということで今回は、水出しコーヒーを紹介していきたいと思います。水出しコーヒーとはその名の通り、で抽出したコーヒーです。アイスコーヒーとの違いは本編で説明していきたいと思います。

それでは目次をご覧ください~

広告

「アイスコーヒーとの違い」

水出しコーヒー べるっくすの色色

アイスコーヒーとは、広く冷たいコーヒーを指します。淹れ方は自由です。一般的にはお湯で抽出し、そのあと、氷を入れて冷やします。ホットコーヒーを冷蔵庫で冷たくしたコーヒーもアイスコーヒーです。

それに対して水出しコーヒー(コールドブリューとも言う)とは、で抽出したコーヒーを指します。アイスコーヒーは何で抽出してもよかったのに対し、水出しコーヒーは「水(常温)」と決まっています。水で抽出するため抽出時間は長く、1L作るのに10時間ほどかかります。(水出しコーヒーもアイスコーヒーの一種です)

メリット・デメリットは以下のようになります。

 

~アイスコーヒー~

(メリット)

  • すぐ作れる
  • 専用器具がいらない

(デメリット)

  • 氷を入れると薄まる

~水出しコーヒー~

(メリット)

  • 氷が必要ない
  • 味がまろやか

(デメリット)

  • 時間がかかる(10時間くらい)
  • 専用器具が必要

 

「水出しコーヒーを作るのに必要なもの」

水出しコーヒー べるっくすの色色

必要なものは以下の4つです。

  • ストレーナー付きコーヒーポット
  • コーヒー豆
  • スプーン等の長い棒

ストレーナー付きコーヒーポットは「普通のコーヒーポット+ティーパック」で代用できます。ですが、何回も作ろうと考えている方は、ストレーナー付きコーヒーポットを買った方がいいと思います。洗えば繰り返し使えるので。

ちなみにAmazonだと1000円くらいで買えます!(^^)!(普通の量販店で買うより少し安め!)

「作り方」

1.豆を挽く

水出しコーヒー べるっくすの色色

まずは豆を挽きます。今回は容量600mlのストレーナー付きコーヒーポットを使うので、必要な豆の量は50g(深煎り・中挽き)です。

2回目以降は、豆の量や挽き方は自分好みに変えていくのもアリです。


2.挽いた豆をストレーナーに入れる

水出しコーヒー べるっくすの色色

挽いた豆をストレーナーに入れます。だいたいメッシュ部の6分目くらいになります。その後、コーヒーポットにセットします。


3.水を注ぐ

水出しコーヒー べるっくすの色色

ストレーナーの上から水(軟水)をゆっくり注ぎます。その後、スプーンなどの長い棒でストレーナー内をゆっくりかき混ぜます。かき混ぜすぎると細かい粉がメッシュから染み出てしまい、コーヒーが粉っぽくなってしまいます


4.冷蔵庫に入れる

水出しコーヒー べるっくすの色色

冷蔵庫に入れ抽出させます。8時間後、ストレーナーを取り出し完成です!

抽出時間により濃さが変わるので、2回目以降は自分好みに合わせてみてください。


~飲んでみて~

さっぱり、すっきりしています。苦みと酸味が抑えられているので、よりコーヒーの旨みを感じられます。

ですが、ちょっと粉っぽい?少しココアっぽいどろどろさがある…

今回は中挽きを用いましたが、一部細かくなりすぎている豆も交じっていたので、それがメッシュを通り抜けたのだと思います。難しい。。。

ちなみに冷蔵庫での保存は2~3日程度みたいです。

 

「まとめ」

水出しコーヒー べるっくすの色色

いかがだったでしょうか。

水出しコーヒーは時間がかかりますが、普通のアイスコーヒーとは違った味わいを楽しめると思います。また、味や濃さは、抽出時間や豆の挽き方などで変えることができるので、自分好みの水出しコーヒーを作ることができます。

これからどんどん暑くなってきます。

さっぱりとしたコーヒーを飲みたい方は、ぜひ試してみてください(^_^)/~

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 


コメント